メインイメージ画像

事務所探しで失敗しないためには!

イメージ画像

多くの方が事務所を初めて借りる際に、どうやって探せば、失敗しないようにすることが可能でしょうか。最近では普通の住宅と同様に、インターネットサイトでも貸事務所を検索することが可能になりましたが、やはり実際に希望地域の近所にある不動産屋に相談して、自分の目で見て確認しておくことをお勧めします。不動産屋に聞いてみると、その地区の坪単価や職種に合ったオフィスを教えてもらえるでしょう。何軒かの物件を実際に見学して、自分に合う事務所はどんなものなのかを考えてみるといいでしょう。

もしもその時に好みの事務所が見つかったとしても、すぐに決めることはせず、一度家に帰ってからじっくりと考慮することが重要です。直接物件を見た時に気になった点や「譲れないポイント」などを改めて書き出し、その後にもう一度不動産屋と相談しながら事務所を探していくことで、より満足のいく事務所を決めることができるはずです。冷静に時間をかけて探していくということが重要ポイントといえるのです。



移転などの理由で今利用している事務所から退居をする場合、原状回復にかかる費用は誰が払うのでしょうか?普通の住宅であれば居住年数や部屋の状況によって、借主は費用を負担しないということがありますよね。しかしながら貸事務所の場合は、退居の時に必要な費用は借主負担であることがほとんどのようです。この場合の「原状回復」とは「入居時の状態に戻す」ことを指しますので、クロスなどが新品の状態で入居した場合、これらを新しくする必要がでてきます。

またそのような原状回復の工事をする業者などは、事前にオーナーが指定する業者がいることが考えられますので、業者を探す前にもう一度契約書を確認してみましょう。指定業者に依頼する場合は他の業者よりもコストがかかることがあるようですので、余計な支払いは避けたいという人は契約をする前に指定業者がいるのかどうか確認してみた方がいいですね。自分で業者に依頼するならば、いくつかの業者に見積もり依頼をして比較してみるのがいいでしょう。

更新情報