メインイメージ画像

初期費用が高額!

殆どの場合事務所を借りる際に驚くのが高額な初期費用なのではないでしょうか。ほとんどの貸事務所は、普通の住宅よりも保証金が高くなることが多いのです。仲介手数料や先払いの家賃などと合計すると、かなりの出費になってしまいますよね。せっかく気に入った事務所を見つけても、もう少し安ければ…と考えていませんか?そんな場合はすぐに諦めず、不動産屋に交渉すると安くなるかもしれません。

長期間空いていた物件や、景観が良くない場所、日当たりの悪い立地、使いにくい間取りなど、何らかの「ワケ有り物件」であれば、不動産屋も交渉に応えてくれることがよくあるようです。更にもう一点チェックしなければならないことは、内装や電気工事をする指定業者がいるのかといった点です。オーナーによって先に業者を指定しているということがあるのですが、そのようなケースは費用が高額になってしまうことがあるため、前もって指定された業者がいるのか、どこの業者に依頼するのかを知っておく必要があることでしょう。

オフィスを借りる際には、立地などを見るということはもちろん、細部も確認した方が良いでしょう。

イメージ画像

例えば、忘れてしまいがちなものに「コンセントの数」が挙げられるでしょう。コンピューターを頻繁に使用することが多い会社では、コンセントが何個あるかはとても重要ですね。過度にタコ足配線をすると、コンピューターに負担が掛る事や、火事になってしまうこともありますから、良くないでしょう。前もってどれほどの電力が必要なのか知っておくことが必要です。

また、元々テナント用ではない物件を借りるケースでは細心の注意を払いましょう。仕事をしていく上で不便な間取りだった場合、荷物を運びたいのに居住者用のエレベーターしかないため、階段を利用しなければならないということもあるのですせっかく気に入る事務所があったとしても、業務に差支えてしまっては意味がないですよね。こういった点からも、良いオフィスを探すためには、かなり時間的に余裕をもってじっくりと吟味していくことが大切になるといえるでしょう。

更新情報