メインイメージ画像

賃料を基準にオフィスを探すなら!

限られた資金でオフィスを構える場合に、賃料を基準にする人も多いのではないでしょうか。そんな人は、実際に契約をする際には賃料の改定方法を確認しなければなりません。一般的には賃料改正は契約を更新する際にすることが大半ですが、契約書の賃料についての項目に「甲の申し出によって」と書いてある場合は注意しましょう。これはオーナー側の申し出によって賃料を変えることができるとするものなので、もしも改定された賃料に不満足でも文句は言えません。

借り手側が安心できるのは、両者が納得しなければ値上げを行えない、「甲乙協議」とある契約書だといえます。後々のトラブルを回避するためにも、それらを確認するのを覚えておきましょう。契約をする時には仲介会社が間に入って、両者が満足できる契約ができるようにしてくれますから、ささいな点でも何か気になることがあるのであれば、すぐに相談をして解決することが大切だといえるでしょう。

イメージ画像

貸事務所を選ぶ場合、仕事内容によって合う間取りは違ってくるはずです。社内での業務が多いデスクワークの仕事ならば、人数分のデスクスペースを確保する必要があるでしょうし、社外での営業がメインの業務であれば、営業車を停めておく広い駐車場が必要ですよね。失敗例としてよく挙げられるのは、繁忙期に一時的に従業員を増員することを忘れてしまっていて、作業を行うスペースが足りなくなったといったことや、必要な機械のスペースがしっかり確保できず、作業する際に効率が悪くなったということがあるようです。

また沢山のテナントが入居している物件だと、共有スペースがあって考えていたよりも専有スペースが狭かった…といったケースもあるようです。広くても、変なところに柱があってデスクの配置が難しいといった物件もありますので、やはり前もって自身の目でオフィス内を見ておくということが大切になってくるでしょう。スムーズに仕事ができるオフィスを見つけられるように、しっかり下調べをしておきましょう。

更新情報