メインイメージ画像

オフィスの仲介手数料!

レンタルの事務所を東京で探すなら、賃料は当たり前ですが、仲介手数料が安いオフィスを探してみましょう。賃貸の契約における仲介手数料とは、賃貸契約が成立した時に不動産屋に支払う仲介料のことで、消費税込み賃料の1ヶ月以内の額と上限が決められています。ここ最近、この手数料を無料にする不動産屋が増えてきました。その他には、建物の大家と賃料値下げのネゴをして成功した場合のみ、値下げした額を手数料の代わりに受け取るという不動産業者もいますので、うまく利用して賃貸契約ができそうですね。

事務所のメリットの一つは、内装を使いやすいように変更できるというところでしょう。内装費用は掛かる一方、事業のイメージや御社の使い方に応じて、レイアウトを作ることが可能です。

イメージ画像

費用節減したい場合、居抜き店舗で工事なしに使えそうな内装の事務所を探せば、工事をせずに事務所として利用できるのです。こうすれば費用のかさむ内装工事がいらないので、大変なコストカットが実現します。その他にも、月額費用は若干割高ですが、スポットでの利用ならレンタルスペースで乗り切るやり方でも手軽でおすすめです。

事務所を選ぶ際の注意点を整理してみましょう。事務所を賃借する長所として、外装やレイアウト設計を自分たちで設定を変えられるという点がありますね。

ですが、その側面として、一般的な賃貸契約には現状復帰義務があります。この義務とは、ビルを契約した最初の状態に原状回復して退去しなければならないというものです。したがって、あまりにも規模の大きいレイアウト変更をすると、解約の際に予想外のコストが出てしまうでしょう。このことに留意してプランニングすると後々安心です。

事務所を探す時最も大事なのは立地がどこかという点と言ってもよいのには訳があります。

新規に経営をするなら、なによりもお客様を集めるのが最重要課題ですね。ですから、なるべく多くの人の印象に残り、交通の便が良い立地なら、新規クライアントをスムーズに誘導しやすいと考えられますね。しかも、事務所の地名や最寄り駅によって、あなたの会社の与える印象も左右されるのです。ですから、インターネットで顧客獲得したいケースに効果的といえます。大きな負担にならない家賃の範囲でできる限り好条件の立地を選ぶようにしましょう。

更新情報