メインイメージ画像

東京で事務所移転をするなら!

イメージ画像

東京進出のためなど貸事務所を東京で移転するにあたって気掛かりなのがこの時にかかる初期費用ですよね。物件により多少の違いはありますが、大抵は礼金・敷金・管理費・共益費・保険料・仲介費用が主な費用で、追加で手を加える場合、内装や外看板の工事の施工費が上乗せで必要です。これらの費用で経費節減できるものは、礼金や仲介費ですね。これらのコストが安く抑えられる賃貸物件を選びましょう。さらにできることは、工事の費用は大変コストがかかる為、手を加える必要性が無さそうな所を探せば初期費用の大掛かりなコストカットが可能でしょう。



事務所を移転するのに必要な諸経費について考えてみましょう。どの事務所に移転するにしても、まず掛かるコストと必ずしもそうではない費用があります。必ず発生する費用とは、敷金や保証金、仲介費用など、契約をしたら賃借料の大体数月分を最初に支払うものです。一方、必ずしも発生しないコストとしては、内装工事や備品など、ビルの改装に掛かる諸経費があります。設備面については、バジェットを割り振って大幅に手を加えるのか、既存設備をアレンジしてコスト削減するのかはあなた次第で決められるのです。



事務所探しにおいて交通の面を調査することが非常に大切です。なぜならば、今後事業を行うにあたって交通の利便性が良い場所ならば、来客者にとっても、通勤する社員にとっても条件が良いと考えられるためです。クライアントの立場ではもちろんですが、従業員にとっても通勤時間が多ければその分だけ無意味な時間が長くなりますし、立地条件が良い事務所には能力の高いマンパワーが集まりやすいと言えます。こういった事情を踏まえ、賃料の金額も考えて事務所選びをしましょう。

事務所を新しく借りるなら、バリアフリー設計になっていることは必須です。

昨今、バリアフリー化はハード面だけでなく、多くの人々のマインドにも定着しているのが事実です。通常の企業であれば、事務所がバリアフリー化されているのが当然との認識も広まっています。また、せっかくのビジネスチャンスも、バリアフリーしていないがために逃すことも十分に想定されます。幅広いビジネスを展開するためにも、オフィスのバリアフリー化を進めましょう。

更新情報